性病コラム

オーラルセックスで感染する性病とは【フェラやクンニリングスでうつる?】

更新日:

 

 

リリコDr
風俗店などを利用し、不特定多数とセックスをすると性病になる可能性が高まります。

 

フェラクンニリングスだけなら、うつらないんじゃないの?

 

いわゆる本番行為ではない「フェラ」や「クンニリングス」などのオーラルセックスだけなら、性病にはならない、安全な性行為であると思われがち。

 

実はオーラルセックスでも性病をうつされることは充分ありえます。

もちろんオーラルセックスだけで相手に性病をうつしてしまうこともあります。

 

オーラルセックスではどんな性病になる可能性があるのでしょうか。

性病にうつされた場合、どのような症状が生じるのでしょうか。

 

この記事では感染経路や原因も含めてまとめて紹介しています。

 

 

オーラルセックスって何?

 

オーラルセックス(口腔性交)とは、口や舌を使って行う性行為のこと。

 

挿入する本番行為ではなく、フェラチオクンニリングスともよばれます。アナル(肛門)を口で刺激するリミング、アニリングスなども含まれます。

相手の性器を刺激しあうのが目的で、オーラルセックスでは性器と性器を直接接触させることはありません。

統計調査によるとオーラルセックスをするのは、若い世代ほど多いようです。厚生労働省の発表では70%以上が経験しているといいます。

そのうち、コンドームを利用する割合は20%ほどにとどまっていると報告されています。

 

オーラルセックスにより感染する性病の感染経路は?

 

オーラルセックスでは、淋病、クラミジア、ヘルペス、梅毒にかかる可能性があります。

 

これらの性病がオーラルセックスにより感染していく場合、一般に2種類の感染経路があります。

 

ひとつは、オーラルセックスにより性器にいる性病の原因菌が相手の口の中に感染していくという経路

もうひとつは、反対に口の中にいる病原微生物が性器に感染していく経路です。

 

性病の病原微生物が口や性器の表面についた非常に小さな傷から侵入することで、感染が生じます。

こうして、オーラルセックスを介した性病が広がっていきます。

もちろん、通常のセックスでも性病は感染します。

 

 

オーラルセックスにより感染する性病の原因や症状について

 

淋病

 

淋病の原因となる病原微生物は、淋菌という細菌です。

 

オーラルセックスをはじめ、性行為で感染しますが、母親からの出産時に新生児が感染することもあります。

淋病の症状は、男性と女性で異なります。

 

男性の症状

 

男性の場合は、尿道炎という炎症を引き起こします。

尿道炎になると、オシッコをするときに痛みを感じたり、黄色い膿を排出するようになったりします。

 

尿道炎を治療していないと、淋菌が尿管を伝わり上がっていき、精巣上体炎をおこします。はじめは片側だけですが、治療をしないと両側に広がります。無精子症になることもあります。痛みは激しく、歩行が難しくなるほどになることもあります。

 

女性の症状

 

女性の場合は、子宮頸管炎という炎症症状を呈します。

子宮頸管とは子宮と膣を結ぶところで、子宮頸管炎とはそこに起こる炎症のことです。

子宮頸管炎は、自覚症状に乏しいことも多いです。

約50%が無自覚のままに進行していき、気づいたときにはかなり進行していることがあると言われています。

子宮頸管炎をおこしますと、おりものが増えたり、不正出血や腹痛が生じます。不妊症の原因になることもあります。

 

淋病が喉に感染する?

 

淋菌が喉に感染した場合に起こる咽頭炎は、増加傾向にあります。

性器に淋病を認める患者のうち10〜30%は、喉にも淋菌が存在します。

咽頭炎の症状には、男女間での差はありません。

淋菌に感染してもすぐに症状が現れるわけではありません。

 

感染してから症状が現れるまでの期間を潜伏期間と言います。

淋病の潜伏期間は、2〜7日と言われていますが、女性の場合潜伏期間が過ぎても自覚症状が現れないことがあります。

そして、いきなり腹膜炎を起こして激しい腹痛に苛まれることがあります。

淋病の治療には、抗菌薬が使われますが、年抗菌薬に耐性のある淋菌の感染が増えてきています。

淋病の耐性菌は、複数の抗菌薬に耐性がある多剤耐性化していることも問題となっています。

 

リリコDr
最近、抗生剤が効かなくなってきた淋病が話題になったわね。

日本国内の風俗店で発症したみたいで、抗生剤が効かなくなった耐性がある淋病をネットでは「スーパー淋病」と呼ばれ一時話題になっていたわ。

 

クラミジア

 

クラミジアの原因となる病原微生物は、クラミジア・トラコマティスという細菌です。

 

クラミジアの感染する部位は、淋病と同じ。

男性の場合は尿道で、女性の場合は、子宮頸管です。

 

クラミジアの潜伏期間は、おおむね1〜3週間です。

 

男性の症状

淋病と異なり、男性でも自覚症状に乏しいこともあり、およそ50%の確率で感染に気がつかないままに生活している場合があると言われています。

気づかないまま放置していると、陰嚢が腫れて痛くなる精巣上体炎という病気を引き起こすことがあります。

 

女性の症状

 

女性の場合も同じく、自覚症状がなく、腹膜炎による激しい腹痛で感染に気がつくことも珍しくありません。

クラミジアが進行すると、卵管が癒着を起こし、不妊症の原因となることがあります。

 

オーラルセックスにより喉にクラミジアが感染することがあります。

子宮頸管からクラミジアが検出された場合のうち、10〜20%に喉からもクラミジアが検出されます。

 

近年は抗菌薬に耐性のあるクラミジアが増えてきています。

初期に治療に取り掛かることができればいいのですが、進行した結果、精巣上体炎や腹膜炎を起こすような状態に至ると、治療に長い期間を必要とするようになります。

 

梅毒

 

梅毒の原因となる病原微生物は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマという細菌です。

 

オーラルセックスでも感染しますが、妊娠中の母子感染による先天性の梅毒もあるのが特長です。

梅毒の症状は、第1期~第4期の4段階に分けられます。医学が発展した現代、第4期に至る梅毒はほとんど見られませんが、

梅毒の感染数自体は増加傾向にあるといわれています。

 

第1期

第1期は、感染から3週間〜3ヶ月ほどの期間です。

オーラルセックスの場合は口になりますが、感染が生じた部位に初期硬結という軟骨のような硬さのしこりが出来ます。

初期硬結は、硬性下疳(こうせいげかん)とよばれる初期硬結より硬く盛り上がり、中心部に潰瘍を形成する状態に変化します。

初期硬結も硬性下疳も痛みの様な自覚症状もなく、放置していても2〜3週間で自然に消失します。

多くはひとつだけですが、まれに複数出来ることもあります。

 

第2期

第2期は、感染から3ヶ月〜3年ほどの期間です。

全身の皮膚や粘膜に発疹が生じます。発疹の症状は、非常に多彩なのが特徴です。

なかでも梅毒性バラ疹という顔や手足に生じる目立たない発疹が有名です。バラ疹は痛みがなく数週間で消失します。

口の症状には、梅毒性アンギーナがあります。発現すると、上顎の後方から喉にかけて潰瘍を形成したり、赤く腫れたりします。

その後、数年間の無症候梅毒、つまり潜伏期間に入ります。

 

第3期

第3期は、感染から3〜10年ほどの期間です。ゴム腫とよばれる皮膚や筋肉にゴムのような腫瘍が生じます。

第3期以降の梅毒は、現在ではほとんどみられません。

 

第4期

第4期は、感染から10年以上経過した頃です。

膿や脊髄に梅毒トレポネーマが侵入し、麻痺を起こしたり、認知症を生じたりします。そして、死亡に至ります。第4期にまで至るのは稀です。

梅毒の治療には、抗菌薬が用いられます。

 

抗菌薬の投与期間は、病期によって異なります。第1期なら2〜4週間、第2期は4〜8週間、第3期や第4期は8〜12週間と、進行するにつれて投与期間が長くなります。

梅毒は、わが国では近年増加傾向にあります。

 

ヘルペス

ヘルペスの原因となる病原微生物は、ヘルペスウィルスというウィルスです。

他の3種とは異なり、細菌ではありません。ヘルペスウィルスにはHSV−1と、HSV−2の2種類があります。

 

ヘルペスの症状は、HSV−1なら唇や口の粘膜に小さな水疱を形成します。

水泡は、時間が経てば自潰し、潰瘍になります。HSV−2は、性器に水疱や潰瘍が生じます。

ヘルペスには、感染が生じてから、およそ2〜5日間ほどの潜伏期間があります。

 

ヘルペスの治療には、抗ヘルペスウィルス薬を投与します。

ただし、抗菌薬が細菌を殺すように、抗ウィルス薬はウィルスを殺すわけではありません。

抗ウィルス薬の働きは、ウィルスの増殖を抑える点にあります。

増殖を抑えることで、症状の悪化を防ぎ、早期に治癒するようにします。

 

 

性病を予防するには

 

禁欲が一番の予防ですが、難しいのが現実。

そこで、不特定多数との性行為をしない、コンドームを使用することが勧められます。

 

淋菌やクラミジアならさほど心配することはありませんが、ヘルペスは皮膚と皮膚との接触でも感染することがあり、キスでも感染が生じる可能性があります。

その点からも、コンドームを使用しても、オーラルセックスによる性病の感染を完全に予防することはできません。

もし、オーラルセックスなどの性行為を経験した後に、口や性器に何らかの異常を感じることがあれば、早めに医療機関を受診しましょう。

 

まとめ

 

オーラルセックスでも性病に感染することがあります。

オーラルセックスで感染する性病には、淋病・クラミジア・梅毒・ヘルペス等が挙げられます。

 

淋病やクラミジア、梅毒は細菌感染、ヘルペスはウィルス感染で広がります。

淋病クラミジア自覚症状に乏しい場合があります。

感染に気がつかないまま症状が進行し、女性の場合、腹膜炎から激しい腹痛を生じたり、不妊症の原因になることもあります。

男性の場合は、尿道炎から精巣上体炎にまで進行することがあります。

 

梅毒は、症状により4期に分類されます。最初の症状は痛みを伴わないしこりです。

もし、感染に心当たりがあり、それから3週間ほど経ってから、しこりが生じるようなことがあれば、梅毒に感染している可能性があります。

ヘルペスは、ウィルス感染症です。水疱や潰瘍を形成するのが特徴です。

淋病やクラミジア、梅毒は抗菌薬、ヘルペスは抗ウィルス薬を使って治療します。

 

オーラルセックスによる性病の予防には、コンドームの使用が有効です。

ただし、100%防いでくれるわけではありません。

性病を疑わせる症状を認めた場合は、早めに医療機関を受診し、早期発見・早期治療につとめましょう。

 

 

参考URL

 

今は性病を自宅で誰にもバレずに検査できるわ。

  病院と違って診察料や初診料、再診料がかからないから、病院での自費検査よりコスパも良いの。

郵送性病検査サービスを提供する予防会は、国が認定した「登録衛生検査所」

病院や保健所からの検査を請け負う機関だから、信頼性も◎

予防会が提供する郵送の性病検査セットは、感染率が高い性病を複数まとめて検査できるセットもあるの。
病気が怖いけど、病院も行きたくない!って方は、ぜひ試してみて。

自分のからだは、自分でしか守れないからね。

Shortcodes Ultimate

女性オススメ【性病検査セット人気TOP3】

女性オススメ【性病検査セット人気TOP3】

  • 【人気第1位:メジャーな性病+喉の感染もチェックできる女性用性病検査セット+のど】¥ 15,340(税込)
男性オススメ【性病検査セット人気TOP3】

男性オススメ【性病検査セット人気TOP3】

  • 人気第1位:メジャーな性病と喉の感染もチェックできる男性用性病検査セット+のど
    【男性用人気第1位:メジャーな性病+喉の感染もチェックできる男性用性病検査セット+のど】¥ 14,310(税込) 

-性病コラム
-

Copyright© リリコDrの性病チェック , 2019 AllRights Reserved.